【読書メーター】2019年下半期に読んだ本まとめ【晒します】

Uncategorized
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

前回まとめたっきり、すっかりできていなかった「読んだ本まとめ」を再びやろうと思います(ちなみに今は2021年です・・・)

前回の読んだ本まとめはこちら
【読書メーター】2019年上半期に読んだ本まとめ。(マーケ関連多め)【晒してみた】

というわけでさっそくまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年下半期 読んだ本・感想紹介

起業の科学 スタートアップサイエンス

起業の科学まとめ
課題の質を上げる→
CPF(顧客の課題は本物か検証)
→PSF(課題解決手段が通じるか検証)
→PMF(モックに対してFBを得て改善しまくる)
→ユニットエコノミクス(顧客1人あたりの採算性獲得コスト・LTV)健全化
→スケールさせていく
全然伝わらんがいい本だから読んで

https://bookmeter.com/books/12408258

今の会社に入る前に買ったきりハイパー積読本と化していた本です。

こういうのに限って「どうしてもっと早く読まかったんや・・・!!」と後悔するケース多いです。後悔しかしていないです。

当時は用語を聞いてもピンと来ていなかったのですが、SaaS事業に関わるようになって少しずつ、自分ごととして定着してきたキーワードも多いです。特に「ユニットエコノミクス(LTV(1社あたりの生涯顧客売上)/CAC(1社あたりの顧客獲得コスト)のこと)」なんかはよく議論に上がる数値になってきました。

「事業の成功は、完璧を最初から目指さない」姿勢でいいんだと思えて少し安心しました。

アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る

OMOとは「オフライン、オンラインの区別がなくなりオフラインも全てオンラインの中に取り込まれた状態」
アフターデジタルの世界ではオフラインは顧客とのタッチポイントの一つとして変化する
属性データではなく行動データ モーメント分析

https://bookmeter.com/books/13636457

深センへ旅行にいった時にも見たサービスや今の中国がどれだけ様々なものがデータ化され最適化の流れにあるのか、OMO(「Online Merges with Offline」=全てのものがオンラインに繋がり、オフラインとオンラインが統合された状態)の時代に入っていく事例を豊富に紹介している本です。こちらは第2弾も発刊されています(まだ読んでませんが)

「完全にオンライン化の流れは日本が中国に出遅れてるな」という事実を確信した本です。

ちなみに深センに旅行したときの記事はこちら。海の向こう側はすでにアフターデジタルでした
せっかく退職したことなので有給休暇使ってアジアに海外旅行行ってきました④(中国/深圳編①)

せっかく退職したことなので有給休暇使ってアジアに海外旅行行ってきました⑤(中国/深圳編②)

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII

「嫌われる勇気」の続編。「アドラー心理学を学んだ後、それを実生活でどう適用するのか?」がテーマな感じだと思った。自立とは、自己中心性からの脱却。自分を愛せない人が自己中になりがちで、いつも主語が自分になってしまう。最後は「愛」をテーマにどこまでも深い議論になっていて面白かった。あと、運命の人などいないのはショックだった。。。

https://bookmeter.com/books/10241033

嫌われる勇気は言わずもがな有名かつ絶対に一度は読んでおいた方が良い本ですが、「嫌われる勇気」で説明していた法則についての抽象的な部分を実際に生活でどのように他人と生きていけばいいのか?に悩む青年と老人の対話が考えさせられる本でした。(個人的には「嫌われ勇気」を読んでいればエッセンスは分かるので、こちらの本はマストではないと思った)

この本によれば「運命の人などいない」そうです。みんなもっと妥協しよう(違

カスタマーサクセスとは何か――日本企業にこそ必要な「これからの顧客との付き合い方」

・リテンションモデルへのシフトは時流であり止められない←オンラインではない業界もこの流れに巻き込まれる
・ワンタイムバリューではなく「LTV」の考え方の方が重要。モノの所有から成果に対してお金を払う
・いかに解約させず長くユーザーを虜にするためにプロダクトの質を上げる、顧客をサービスを使ってもらう結果成功につなげるか(カスタマーサクセス)の考え方が必要。
・カスタマーサクセスはハイタッチ、ロータッチ、テックタッチの3つを使い分けて、価値を感じてもらうようにして適切なユーザーに適切なルートで成功を届けること

https://bookmeter.com/books/14012102

CS(カスタマーサクセス)業界界隈では別名「カスタマーサクセスの『赤本』」と呼ばれています。(青本もあります)
著者の弘子ラザヴィさんは日本のエバンジェリストのような人で、海外のカスタマーサクセス事情にとても詳しく、その内容について初歩的かつ全体像についてを分かりやすくまとめてくれた本だと思います。

「カスタマーサクセス」という職種についてはこちらの記事もご覧ください。
2年間従事してみてわかった「カスタマーサクセスの全体像」まとめ

ちなみに青本はこちら

夢をかなえるゾウ

成功したければ欲しがるのではなく、人に与えること。 成功は結局他人に応援される必要がある。自分のことばかり考えると視野が狭くなり、どんどん他人に応援されなくなってしまう。自分が思っていたアプローチとは逆の内容で学びになった。

https://bookmeter.com/books/560519

今更ながら確かKindle Unlimited?で読み放題に入っていたので読んでみました。
ある日主人公の家に住み着いた関西弁でしゃべるゾウの神様「ガネーシャ」が実は世界中の偉人のコーチだった(という設定)で、偉人を「あー、◯◯くんなー、いい子やったわ」みたいな口ぶりで紹介するのですが、これが「生活習慣から変えることの大事さ、基礎力みたいなものがまず第一なんだ」という気づきをもらえました。

いきなりすごくなろうとしたって無理な話で、どんな偉人も裏側で人に何と言われようが反対されようが強い意志でそれを押し切って努力した結果、大きい成果を残したのだから、まずは目の前の生活からしっかり見直せと言われているようで、ハッとさせられました。

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

知ってる内容が多かったが、これからマーケティングを学びたいと言う人には頭の中に大枠は描ける本だと思う。ただ、事例として紹介されてるサービスが閉鎖済みだったりしたので情報の古さは否めない。

https://bookmeter.com/books/8072290

はじめてマーケティングを学ぶ人には導入本的な感じとしては良いかも知れません。
いかんせん、情報が古いので現在はあまり通用しない知識も多めです・・・。

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

本当に優れた知的生産をするための本内容難しいので一回では分からないが
・解決する(答えを出す)ことで劇的に変わる問題(イシュー)だけを考える
・多くの問題はイシューでなく解くべきは1-2%しかない
・すぐに解こうとせずざっくり理解する
・理解後イシューを分解して複数サブイシューにわける
・ストーリーラインにする
調査検証して確認 という流れ。
調査する前に本質の問題は何かを考えそこに対する仮説まで用意してからでないと調べてはいけないというのが衝撃的
https://miyakoshiyuumei.com/issue/

https://bookmeter.com/books/1176997

安宅さんの本はマジで読解するの難しいけどマジで本質しか突いていない本なので好きですね。
食べたほうが絶対に栄養として良いんだけど堅すぎてどこから歯を立てればいいの・・・みたいな感じです。
読むとメタ認知力が高まる本です。イシューの定義の理解が難しいのですが、時間も予算もリソースも限られているビジネスの現場で、いったいどの問題(イシュー)を解くのが効果的なのか?という、問題解決より問題発見に特化した内容になっています。

「イシューからはじめよ」を読んでまとめてみた記事もありますのでご覧ください!

【問題・課題・イシュー・プロブレム】似た言葉だけど、それぞれどういう違いなの?

自分の中に毒を持て<新装版> (青春文庫)

「常識人間を捨てろ」
やりたい事をやって命をひらけ
自分自身、社会、相手に対峙しろ。正面から向き合い戦え
合理主義ばかり先行している。芸術経済政治の3つで特に芸術は人間らしさを司りそれが日本に一番足りない
芸術は美しいとは限らない。芸術家の生きる感情「醜い美しさ」というものも存在する
綺麗に生きようと思うな。現代若者は人生ルートが整備され自由を見つけられない矛盾を抱えてる。
だからこそ道のないジャングルをあえて進む覚悟が必要。
https://miyakoshiyuumei.com/okamototaro/

https://bookmeter.com/books/12464828

岡本太郎さんが書いた本。マコなり社長も大絶賛の本です。

動画でも取り上げてますし、他の動画でも頻繁に出てまいります↓↓

読んでいると「自分も何かやってやろう」という思いが湧いてくる不思議な本です。

本にすっかり影響されて岡本太郎記念館にも行った記事もあるのでよろしければご覧ください!

岡本太郎の本をきっかけに感銘を受けたり実際記念館に行ったりした話

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

超シンプルなお金と投資の本
・NISAで口座開こう
・国内株式TOPIXを買う
・外国株式インデックスファンドを買う
・手数料の取られる毎月分配などはやらない
・保険は意味ない
・不動産投資もやめとけ
あとは謎のSBI証券押しがすごかった?

https://bookmeter.com/books/9952641

お金のことをもっとちゃんと勉強しようと思って同じくKindle Unlimitedで見つけて読んだ本。
レビュー内容の通り全体的に読みやすくスッと入ってきます。
こういう系の本で大体の結論は似てくると思っていて
「貯蓄ではなく投資せよ」なんですよね。それも個別株ではなくインデックス投資。(特に米国のインデックス)
これからはお金をそちら(投資)へ回すという意識は持っていきたいなと思います。

お金関連でとてもおもしろかったのが「お金2.0」でした。こちらも記事があるのでぜひ見てみてください。

佐藤航陽「お金2.0」を読んだら本当に経済とか社会の概念が覆ったのでレビューしてみた。①

佐藤航陽「お金2.0」を読んだら本当に経済とか社会の概念が覆ったのでレビューしてみた。②

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
1冊取り上げていないのですが、2019年下半期合計すると10冊でした。年間少なくとも30冊は読めるようにしたい・・・

今後もまとめていきますので定期的に見て頂けたら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました